タグ別アーカイブ: マークシートの書き方

競馬予想する実践編〜マークシートの書き方〜

競馬予想する実践編〜マークシートの書き方〜とは-

競馬予想をより一層楽しむためには馬券を買って応援をするのが一番ですが、そのためには買い方をまず覚えなければなりません。
しかし、これは何も難しいものではなくポイントを抑えれば簡単に買うことができるので、覚えておくようにしましょう。
馬券を買う際に最初にすることは、レースを開催している会場を選ぶところから始まります。
開催されている場所を間違ってしまうと、全く見当違いの馬券を購入することになってしまうので注意をしなければなりません。
次にレース番号を選択してチェックを入れますが、これも間違えてしまうと大変なので気をつけなければならないポイントとなります。
中央競馬の場合メインレースは11レースなのですが、ダービーなど特定のレースに限りメインレースが11Rではないことがあるのでこのような時に間違いが発生しやすいので覚えておくと間違いにくくなります。
レース番号を記入したら次は、購入したい馬券の識別を選択してチェックを入れます。
この時チェックをした識別により次に記入をする場所が変わってくるので、ここからマークシートの書き方がそれぞれ変わってきます。

単勝や複勝を選んだ場合にはひとつの馬番を選ぶことになり、馬連や枠連を選んだときにはふたつの馬番を選ぶことになります。
三連複や三連単を選んだ時にはみっつの馬番を記入します。
ここでのポイントは馬単や三連単と言った最後に単がつく馬券を選んだ場合には、選んだ順番通り入線をしなければ的中となりませんからチェックをする順番を気をつけましょう。
最後に金額を塗って終わりですが、金額欄にはいくつかの数字がありますが組み合わせることで細かな金額を賭けることができます。
例えば1と5にチェックを入れ最後に百円の欄に記入をすれば、600円分の馬券を購入することができるのです。