競馬予想する実践編〜前走データとは?〜

競馬予想する実践編〜前走データ〜とは-

競馬の予想をする際には、各出走馬の前走や過去走の分析が必要となります。各出走馬の前走データや過去の出走成績は、競馬新聞の馬柱で確認することができます。
馬柱には、全出走馬の過去5走程度の成績が整然と羅列されています。記載されている項目は新聞にもよりますが、一般的には馬名、父と母の名前、厩舎、当該レースの騎手名のほか、過去の成績欄には開催、日付、着順、条件、距離、走破タイム、馬体重、着差、斤量、鞍上、出走頭数、馬番、人気、位置取り、ペース、上がり3Fなどが記載されています。
これらの情報はそれぞれが意味を持っているため、一つ一つ比較したうえで検討することで、調子や能力を判断するための指標となります。

最も重要なのは着順ですが、着順以外の情報からも多くのことを得ることができます。例えば開催や日付からは、どの程度の間隔で出走しているかを知ることができますが、出走間隔が短い割に馬体重が増えている場合は、多くは体調が維持できていることを意味しています。反対に、間隔を開けて使っているにも関わらず体重が減っている時は、調子が悪かったり体質が弱いことを窺い知ることができ、このような馬が間隔を詰めて使ってきた場合は軽視することもできます。

距離や走破タイム、上がり3Fのタイムは着順と共に重要で、セットで見る必要があります。競馬では、距離が短いほどペースが速く、距離が長いほどペースが遅くなる傾向があります。このため、1200メートルなどの短距離戦では、走破タイムをそのまま馬の能力として捉えることも可能ですが、ペースが緩い中長距離戦では走破タイムが遅くなることから、タイムを能力の指標とすることは得策とは言えません。この場合は上がり3Fのタイムも参考にすることで、多角的な分析が可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です