競馬予想する実践編〜前走データとは?〜

競馬予想する実践編〜前走データ〜とは-

競馬の予想をする際には、各出走馬の前走や過去走の分析が必要となります。各出走馬の前走データや過去の出走成績は、競馬新聞の馬柱で確認することができます。
馬柱には、全出走馬の過去5走程度の成績が整然と羅列されています。記載されている項目は新聞にもよりますが、一般的には馬名、父と母の名前、厩舎、当該レースの騎手名のほか、過去の成績欄には開催、日付、着順、条件、距離、走破タイム、馬体重、着差、斤量、鞍上、出走頭数、馬番、人気、位置取り、ペース、上がり3Fなどが記載されています。
これらの情報はそれぞれが意味を持っているため、一つ一つ比較したうえで検討することで、調子や能力を判断するための指標となります。

最も重要なのは着順ですが、着順以外の情報からも多くのことを得ることができます。例えば開催や日付からは、どの程度の間隔で出走しているかを知ることができますが、出走間隔が短い割に馬体重が増えている場合は、多くは体調が維持できていることを意味しています。反対に、間隔を開けて使っているにも関わらず体重が減っている時は、調子が悪かったり体質が弱いことを窺い知ることができ、このような馬が間隔を詰めて使ってきた場合は軽視することもできます。

距離や走破タイム、上がり3Fのタイムは着順と共に重要で、セットで見る必要があります。競馬では、距離が短いほどペースが速く、距離が長いほどペースが遅くなる傾向があります。このため、1200メートルなどの短距離戦では、走破タイムをそのまま馬の能力として捉えることも可能ですが、ペースが緩い中長距離戦では走破タイムが遅くなることから、タイムを能力の指標とすることは得策とは言えません。この場合は上がり3Fのタイムも参考にすることで、多角的な分析が可能になります。

競馬予想する実践編〜IPATを使ってみよう〜

競馬予想する実践編〜IPATを使ってみよう-

現代の馬券購入は昔に比べて格段に便利になりました。インターネットの普及により、IPAT会員になれば競馬場やウインズに行かなくても馬券が購入できるのです。自宅にいて全国の競馬場のレースをすべて購入出来るという環境もファンにとっては非常にありがたいものなのです。IPATを使って競馬予想をする利点としては、レースの直前まで馬券の検討が出来る点にもあります。家でパドックの画像を確認して馬の気配を見てからゆっくり買い目見当が出来る点もIPATの利点です。また、刻々と変わるオッズもリアルタイムで確認が出来ます。

競馬場やウインズに行くと大画面で大きなオッズ画面がありますが、自分が知りたいオッズまで画面が切り替わるのを待たねばならないという難点もあります。しかしパソコンやスマートホンで馬券予想をする際には、いち早く自分の知りたい情報を入手することが出来ます。また、馬券が的中すればその的中金額を次のレースに加算して使うことも出来ます。

的中すれば自動的に購入限度額が増えますので何も操作をする必要はありません。また、馬券が当たらず、IPATの残高が0になった場合も、即PAT会員になっていればリアルタイムで銀行口座からお金を入金することも可能ですインターネットバンキングの口座を持っていればパソコンやスマートホンで即入金が出来ますので便利です。

IPATでの馬券購入の利点としては、流し、ボックス、フォーメ-ション、マルチなどといった様々な買い方にも対応している点もあります。これらの買い方をした場合、競馬場やウインズでマークカードに記入するとその場では買い目が何店になるかがわからないこともありますが、IPATならば自動で計算してくれます。

競馬予想する実践編〜マークシートの書き方〜

競馬予想する実践編〜マークシートの書き方〜とは-

競馬予想をより一層楽しむためには馬券を買って応援をするのが一番ですが、そのためには買い方をまず覚えなければなりません。
しかし、これは何も難しいものではなくポイントを抑えれば簡単に買うことができるので、覚えておくようにしましょう。
馬券を買う際に最初にすることは、レースを開催している会場を選ぶところから始まります。
開催されている場所を間違ってしまうと、全く見当違いの馬券を購入することになってしまうので注意をしなければなりません。
次にレース番号を選択してチェックを入れますが、これも間違えてしまうと大変なので気をつけなければならないポイントとなります。
中央競馬の場合メインレースは11レースなのですが、ダービーなど特定のレースに限りメインレースが11Rではないことがあるのでこのような時に間違いが発生しやすいので覚えておくと間違いにくくなります。
レース番号を記入したら次は、購入したい馬券の識別を選択してチェックを入れます。
この時チェックをした識別により次に記入をする場所が変わってくるので、ここからマークシートの書き方がそれぞれ変わってきます。

単勝や複勝を選んだ場合にはひとつの馬番を選ぶことになり、馬連や枠連を選んだときにはふたつの馬番を選ぶことになります。
三連複や三連単を選んだ時にはみっつの馬番を記入します。
ここでのポイントは馬単や三連単と言った最後に単がつく馬券を選んだ場合には、選んだ順番通り入線をしなければ的中となりませんからチェックをする順番を気をつけましょう。
最後に金額を塗って終わりですが、金額欄にはいくつかの数字がありますが組み合わせることで細かな金額を賭けることができます。
例えば1と5にチェックを入れ最後に百円の欄に記入をすれば、600円分の馬券を購入することができるのです。