競馬予想する実践編〜前走データとは?〜

競馬予想する実践編〜前走データ〜とは-

競馬の予想をする際には、各出走馬の前走や過去走の分析が必要となります。各出走馬の前走データや過去の出走成績は、競馬新聞の馬柱で確認することができます。
馬柱には、全出走馬の過去5走程度の成績が整然と羅列されています。記載されている項目は新聞にもよりますが、一般的には馬名、父と母の名前、厩舎、当該レースの騎手名のほか、過去の成績欄には開催、日付、着順、条件、距離、走破タイム、馬体重、着差、斤量、鞍上、出走頭数、馬番、人気、位置取り、ペース、上がり3Fなどが記載されています。
これらの情報はそれぞれが意味を持っているため、一つ一つ比較したうえで検討することで、調子や能力を判断するための指標となります。

最も重要なのは着順ですが、着順以外の情報からも多くのことを得ることができます。例えば開催や日付からは、どの程度の間隔で出走しているかを知ることができますが、出走間隔が短い割に馬体重が増えている場合は、多くは体調が維持できていることを意味しています。反対に、間隔を開けて使っているにも関わらず体重が減っている時は、調子が悪かったり体質が弱いことを窺い知ることができ、このような馬が間隔を詰めて使ってきた場合は軽視することもできます。

距離や走破タイム、上がり3Fのタイムは着順と共に重要で、セットで見る必要があります。競馬では、距離が短いほどペースが速く、距離が長いほどペースが遅くなる傾向があります。このため、1200メートルなどの短距離戦では、走破タイムをそのまま馬の能力として捉えることも可能ですが、ペースが緩い中長距離戦では走破タイムが遅くなることから、タイムを能力の指標とすることは得策とは言えません。この場合は上がり3Fのタイムも参考にすることで、多角的な分析が可能になります。

競馬予想する実践編〜IPATを使ってみよう〜

競馬予想する実践編〜IPATを使ってみよう-

現代の馬券購入は昔に比べて格段に便利になりました。インターネットの普及により、IPAT会員になれば競馬場やウインズに行かなくても馬券が購入できるのです。自宅にいて全国の競馬場のレースをすべて購入出来るという環境もファンにとっては非常にありがたいものなのです。IPATを使って競馬予想をする利点としては、レースの直前まで馬券の検討が出来る点にもあります。家でパドックの画像を確認して馬の気配を見てからゆっくり買い目見当が出来る点もIPATの利点です。また、刻々と変わるオッズもリアルタイムで確認が出来ます。

競馬場やウインズに行くと大画面で大きなオッズ画面がありますが、自分が知りたいオッズまで画面が切り替わるのを待たねばならないという難点もあります。しかしパソコンやスマートホンで馬券予想をする際には、いち早く自分の知りたい情報を入手することが出来ます。また、馬券が的中すればその的中金額を次のレースに加算して使うことも出来ます。

的中すれば自動的に購入限度額が増えますので何も操作をする必要はありません。また、馬券が当たらず、IPATの残高が0になった場合も、即PAT会員になっていればリアルタイムで銀行口座からお金を入金することも可能ですインターネットバンキングの口座を持っていればパソコンやスマートホンで即入金が出来ますので便利です。

IPATでの馬券購入の利点としては、流し、ボックス、フォーメ-ション、マルチなどといった様々な買い方にも対応している点もあります。これらの買い方をした場合、競馬場やウインズでマークカードに記入するとその場では買い目が何店になるかがわからないこともありますが、IPATならば自動で計算してくれます。

競馬予想する実践編〜マークシートの書き方〜

競馬予想する実践編〜マークシートの書き方〜とは-

競馬予想をより一層楽しむためには馬券を買って応援をするのが一番ですが、そのためには買い方をまず覚えなければなりません。
しかし、これは何も難しいものではなくポイントを抑えれば簡単に買うことができるので、覚えておくようにしましょう。
馬券を買う際に最初にすることは、レースを開催している会場を選ぶところから始まります。
開催されている場所を間違ってしまうと、全く見当違いの馬券を購入することになってしまうので注意をしなければなりません。
次にレース番号を選択してチェックを入れますが、これも間違えてしまうと大変なので気をつけなければならないポイントとなります。
中央競馬の場合メインレースは11レースなのですが、ダービーなど特定のレースに限りメインレースが11Rではないことがあるのでこのような時に間違いが発生しやすいので覚えておくと間違いにくくなります。
レース番号を記入したら次は、購入したい馬券の識別を選択してチェックを入れます。
この時チェックをした識別により次に記入をする場所が変わってくるので、ここからマークシートの書き方がそれぞれ変わってきます。

単勝や複勝を選んだ場合にはひとつの馬番を選ぶことになり、馬連や枠連を選んだときにはふたつの馬番を選ぶことになります。
三連複や三連単を選んだ時にはみっつの馬番を記入します。
ここでのポイントは馬単や三連単と言った最後に単がつく馬券を選んだ場合には、選んだ順番通り入線をしなければ的中となりませんからチェックをする順番を気をつけましょう。
最後に金額を塗って終わりですが、金額欄にはいくつかの数字がありますが組み合わせることで細かな金額を賭けることができます。
例えば1と5にチェックを入れ最後に百円の欄に記入をすれば、600円分の馬券を購入することができるのです。

競馬予想する実践編〜WIN5とは〜

競馬予想する実践編〜WIN5〜とは-

他ジャンルとのコラボレーションなどにより若い人達にも人気を得てきた競馬ですが、競馬の醍醐味は応援している馬が優勝することであり、馬券を買って順位を予想することにあります。馬券の購入方法も様々ですが、「WIN5」という買い方を御存知でしょうか。
WIN5とはJRAが指定する日曜日に開催される5つのレースでそれぞれ1着になると思う馬を選び、5レースそれぞれの1着馬を当てる馬券です。通常の馬券同様、100円で購入することが可能で最大6億円の払戻金が手に入れることができます。全ての馬に精通してあれば挑戦してみては如何でしょうか。
WIN5は「JRAダイレクト」や「即PAT」などのインターネット投票、もしくは競馬場の指定席で購入することが可能で、開催日の前日となる土曜日の19時30分から発売開始となっております。JRAダイレクトなどを利用する場合はパソコンはもちろん、スマートフォンなどからも可能となっておりますがいずれもインターネット投票会員に登録する必要があるので予め登録しておくと良いでしょう。
なお、WIN5を買う際に馬を選ぶ方法は3種類に大別されます。1つ目は5つのレースの1着を自分で全て選ぶ「完全セレクト」です。順位の予想に自信があればこの方法が良いでしょう。2つ目は最大4レースの1着を自分で予想し、残りをコンピュータによるランダムで選ぶ「一部セレクト」です。5レースの内、1部だけは自信があるという場合はこの買い方が良いでしょう。3つ目は5レース全てをコンピュータが予想する「ランダム」です。競馬初心者の方などにお勧めの買い方で、購入する数と金額だけを決めるだけで宝くじのように買うことができます。

競馬予想する実践編〜馬券の点数計算〜

競馬予想する実践編〜馬券の点数計算〜とは-

競馬予想をして馬券を買う時に複数の馬券をセットで購入をすることができたりするのですが、その際に何点購入をすることになるのかよくわからないということも多いものです。
特にボックス買いをする時には点数がいくらになるのかわかりづらく、気付いたらとんでもない量になってしまったということもあるのですが点数計算法を覚えておくと、購入をしやすくなります。

ボックス買いというのは選んだ番号に関わる全ての組み合わせを購入することができる馬券のことであり、馬連で1番2番3番の馬をボックス買いすると1-2と1-3と2-3の三枚の馬券を一度に購入することができます。
3つの数字ぐらいであれば点数も少なく計算がしやすいのですが、点数が多くなると簡単にはわかりづらいので公式を覚えておくと便利です。
公式としては購入したい頭数を階乗をして全ての組み合わせを出し、馬連であればその数字を2で割り、三連複の場合には6で割ることで点数計算をすることができます。

例えば5頭の馬でレースが決まりそうだと考えた場合、馬単の場合には5掛ける4となるので20点の馬券を買うことになります。
馬連の場合順不同となりますから、前後が入れ替わってもいいので20を2で割ることになり10点の馬券になるのです。
三連単の場合には5掛ける4掛ける3となるため、60点の馬券を購入することになります。
三連複になると1-3着までの組み合わせは問われませんから6で割ることになり、10点を購入することになるのです。
このような点数計算の公式を覚えておくと、ボックス買いをする時に何店買うことになるのか悩む必要がなくなり、検討しやすくなるため覚えておくと予想に役立ちます。

競馬予想する実践編〜A-PATと即PATとは〜

競馬予想する実践編〜A-PATと即PATとは〜とは-

A-PATは中央競馬が提供するサービスのひとつであり、それまでの投票履歴や成績などを参照することができるサービスとなっています。
馬券の収支というのはこまめに付けていないと、勝っているのか負けているのか、勝っている場合にはどのぐらい勝っているのか、負けている場合にはいくら負けているのかというのを把握しづらいものとなっているのですがA-PATを利用すれば一目で収支がわかるので便利です。
得意とする競馬場であったり、相性の良い騎手というのを知ることもできますから馬券予想をするときにも役立てることができるので、真剣に馬券の勝率を高めたいと考えている人は利用をする価値が非常に高いものとなっています。

即PATというのは文字通りすぐにインターネットで投票をすることができるサービスのひとつであり、指定されたネットバンクの口座を持っていればその日からすぐに馬券を購入することができるようになります。
ネットバンクというのはあらゆる場面で様々な決済に役立つものですが、それは競馬にも対応をしていて競馬の資金をリアルタイムで入金することができるので、このような講座を持っていると即PATに登録をすることによって即日馬券を購入することができるようになるのです。
もちろん、ネットバンクの口座を持っていなければネットバンクの口座を開くところから始めることになってしまうので即日馬券を購入することはできないので注意が必要です。
馬券をインターネットから購入して楽しみたいという時には、ネットバンクが非常に便利なものとなっていますからひとつ用意をしておいても損はありません。

そして、即PATも当然A-PATを利用することができるため馬券の収支を把握することができます。

競馬予想する実践編〜地方馬券の買い方〜

競馬予想する実践編〜地方馬券の買い方〜とは-

地方競馬というのは中央競馬にはない魅力があり、競馬場ごとの作りの違いもあって予想の仕方も変わってくるので予想のしがいがあるものです。
以前までは地方競馬は現地まで行かなければ馬券を購入をすることができませんでしたが、現在では現地まで行かなくても購入をすることができる方法が増えてきたので気軽に地方競馬を楽しむことができるようになりました。

地方競馬の馬券の買い方としてはインターネットを利用した買い方がまず挙げられ、全国各地の地方競馬を購入できるインターネット投票システムがいくつかあるので、それを利用して購入をするのが最も簡単な方法となります。
利用の仕方としては登録をした後に投票用の口座にお金を入金して、後は買いたい競馬場を選択して馬券を買うことになります。
馬券の種類は中央競馬以上に多い場所もあり、現在の中央競馬には存在しない枠単といった馬券が販売されているところもあるので覚えておくと良いでしょう。
しかし、中央競馬と異なるものといえば基本的には枠単ぐらいで、それ以外のものに関しては中央でもおなじみのものばかりなので特別迷うようなことはありません。
投票システムは利用する所によって微妙な使い勝手が変わってくるので始めのうちは、締切直前に購入をしようとするのではなく余裕を持って購入をするようにすると買い損じてしまったり、買い間違えてしまったりする恐れがないので安心です。
インターネットでの購入は間違って買ってしまった場合、訂正が聞きませんから十分に注意をして投票をする必要があるので操作の方法にはよく慣れておく必要があります。

そして、地方競馬の馬券の買い方としては当然現地観戦というものもあり、時間に余裕ができれば現地に行ってみるのも楽しいものです。

競馬予想する実践編〜馬券の種類〜

競馬予想する実践編〜馬券の種類〜とは-

馬券にはいくつかの種類があるので予想に合わせて適した券種を選ぶのが、収支を向上させる鍵となります。
最も基本となるのが単勝と複勝であり、単勝というのはそのレースで一着になる馬を当てるという競馬も最も基本となる馬券になっています。

日本の競馬ではフルゲートでも最大18頭までにしかなりませんから、組み合わせは18通りしかなく比較的当たりやすい券種となっています。
もうひとつの複勝は8頭立て以上のレースであれば3着まで、7頭立て以下のレースであれば2着までに入線をすれば的中となり全ての馬券の中で最も当たりやすい券種となっていますから、初めての人は複勝から始めてみると的中の喜びをすぐに味わうことができます。

少し前まで主流であり現在も人気のある馬券としては馬連がありこれは一着と二着になる馬を予想するもので、順番は問わず上位に入線する二頭を当てることができれば的中となります。
比較的当てやすく高配当も取りやすいので、なれてきた時には馬連を選んでみると良いでしょう。
馬連が登場するまで主流だった馬券に枠連というものがあり、これは8つの枠に馬を割り当て一着と二着になる枠番を当てるという馬券になっています。
ひとつの枠に二頭以上の馬がはいることもあるので、8-8のようにゾロ目が出ることがあるのも特長となっています。

枠連は最大でも36通りしかないので、単勝や複勝よりも当てるのが難しく馬連よりは優しいので的中の喜びとそこそこの配当を狙いたい時に適しています。

そして、現在人気のある馬券としては三連複と三連単があり、三連複は上位に入線する馬三頭を順不同で当てる必要があり馬連よりも組み合わせが多く的中が難しいので高配当が望めます。
三連単は更にそれを順番通り当てなければならないので、的中が非常に難しい代わりに超高配当を狙える馬券となっています。

競馬予想で初心者が気をつけるべきこと-

競馬予想を行う上で様々な情報が要となってきます。特に初心者で陥りやすいのが山勘で馬券購入してしまうこと。それをするなら競馬予想サイトの無料情報を使った方がまだ稼げます。しかし、どの競馬予想サイトがいいのか初心者にはわかりませんよね。そこで私が調べた中でも競馬予想サイトの評価が一般投稿で書かれているサイトを発見したのでご紹介いたします。

競馬予想する実践編〜馬券の買い方〜

競馬予想する実践編〜馬券の買い方〜とは-

競馬を楽しむうえで馬券は欠かせない存在です。負ければお金が減って悔しい思いもしますが、100円単位で購入できますので初心者でも気軽に参加することが出来ます。馬券の種類にはさまざまなものがありますが、一番簡単なのは「単勝」です。これは単純明快で、1着になる馬を予想すればいいのです。

自分が購入した馬が勝てばオッズに相当する払い戻し金が受けとれます。例えば100円で単勝を購入し、その馬のオッズが5倍ならば、100円の5倍に相当する500円を受け取ることが出来ます。また、次に簡単なのが「複勝」です。

複勝は自分が購入した馬が3着以内に入れば的中です。従って単勝よりも的中させやすいので、的中の喜びを沢山味わいたい方にお勧めの買い方です。ただし、単勝に比べてオッズは低くなります。当たる確率が高くなる分、配当は下がります。また、単勝や複勝以外の馬券でポピュラーなのが馬番連勝や枠番連勝です。

こういった連勝馬券については、1着と2着に入る馬や枠を的中させなければなりません。従って1着や2着の片方だけが的中しても当たったことにはなりません。予想は単勝や複勝よりも難しくなりますが、その分当たった際に配当金は多くなります。連勝馬券を買う場合、方法はいろいろとあります。1つは軸馬を1頭決め、その馬からヒモに来そうな馬を何頭かチョイスする買い方です。これは「流し」という買い方です。

これ以外には1着と2着に来そうな馬を何頭か一括で買うやり方があります。これは「ボックス」という買い方で、例えば5頭をボックスで買った場合、そのうち2頭が2着までに入れば馬券は的中になります。馬券の購入スタイルはファンによっていろいろあります。